末端冷え性の対策

慢性的な末端冷え性の対策…なし?

わたしは子供の頃から冷え性でした。
物心ついた時…3歳4歳くらいだったでしょうか、その頃にはもう夜寝ている時もつま先が冷たくてつらくて、母の布団にもぐりこんでいったくらいです。
それは大人になった今でも治らず、冬は靴下を重ね履きしないと夜中に絶対目が覚めてしまいます。
まるで氷のような冷たさで、主人がびっくりするほどです。
いわゆる末端冷え性で、本当に寒いときは鼻の頭が冷えて感覚がなくなり、真っ赤になってしまいます。

慢性的な末端冷え性の対策…なし?


ものすごく恥ずかしいです…。
過去には、足の指をグーパーするように動かすといいと聞いたので試してみたり、足ツボマッサージに行ったりしてなんとか対策していましたが、どれも劇的な効果はなく結局毎年ガマンするのみです。
靴下の重ね履きでとりあえずなんとかなってはいるものの、夜中にむれて熱くなることもありますし、そのむれが原因で水虫になりかけたこともあります。
あっちがそこそこ解決すればこっちに悩みが出来て、の繰り返しでとても不快な思いをしています…。
仕方がないのかなと割り切るようにはしていますが、やっぱり心のどこかで解決したいなあと毎年思っています。


このページの先頭へ戻る